マタニティにはつらい看護師の仕事

看護師の仕事、とくに病棟で働く看護師の仕事は患者のケアで体力を使うことが多いです。また朝の仕事が始まってから患者の状態把握や、ケア、処置などで立ち仕事が多いのが特徴です。通常の看護師でもその繰り返しをしていると体の負担は大きく、疲労をためたり倦怠感が続く、腰痛があるなどの問題を抱えた看護師は少なくありません。

また、看護師の職場は女性が多いため、マタニティ看護師の割合もほかの仕事に比べると多くなります。マタニティ看護師は、他の看護師と同様に働くことも多いですが、体の負担を考慮して、事務的な業務や点滴交換などの業務を中心に行ってもらう病院もあります。

特に妊娠初期は流早産の危険もあることから、とくに病院でも勤務変更などの対策をとるところも少なくありません。女性が多く働く職場だからこそ、女性に配慮されたバックアップの中で働けることは、看護師としても嬉しいことと言えます。また、そのような働き方をバックアップするシステムを備えているところは、大きな病院になるほど整っています。小さな病院は看護師の人数も限られているので、少し難しいでしょう。しかし女性であるからこそ、働く仲間の中にはマタニティ経験者もいるでしょう。

また助言ももらえるはずです。その場で働く全員が協力し合い、妊娠、出産までを仕事をしながら過ごすことができる、そのような環境が一番看護師の仕事として働きやすい職場ですし、トラブルなく妊娠期を過ごすことができるようになるでしょう。