看護師のマタニティ。仕事を続けるには

職場環境が良ければマタニティでも仕事を続けたい、そのように希望する看護師は多いはずです。医療は日進月歩ですし、ブランクがあると看護技術や病態を忘れたりして、職場復帰が怖くなってしまいます。しかし、看護師業務は立ち仕事が多く夜勤も頻繁にあるので、体力的にきついのは言うまでもありません。

だからと言ってお腹の赤ちゃんの存在を言い訳にして、仕事をおろそかにするわけにもいきません。なぜなら、同じチームの同僚に迷惑がかかるし、何よりも患者さんの安全や安楽が損なわれてはいけないからです。マタニティ看護師は、患者さんと自分の体のはざまで常に揺れ動いています。それでは、看護師を続けるためにはどうすればいいのでしょうか。

やはり、看護師である以上は患者を守ることが大前提ですので、仕事中は患者第一で動くべきです。しかし、自分の体調も常に管理しなければいけません。そして、それができない時には同僚に助けを求める必要があります。そのため、日頃から同僚には感謝の言葉をかけておきましょう。医療はチームですから、決して一人で抱えてはいけません。

そして、引き続き日々の研鑽も怠ってはいけません。看護技術の向上は残業の短縮にもつながります。出産後はしばらく病院から離れるのですから、色々なことを忘れてしまわないように、記憶にとどめておくよう意識して仕事をすることも大切です。周囲の助けと自分の努力次第で、マタニティ期間中の看護師の仕事も充実したものとなるでしょう。