時短勤務に躊躇する女性看護師

看護師の職場では女性が大半を占めている場合が多く、中には男性がいない職場すらあります。そのような現場では互いに助け合いの意識が働いていることがしばしばあり、特に地域魂が強い地方でその傾向が強いのが現状です。女性だからこそ結婚したら家事を負担し、子供を産んだら育児の中心になるという覚悟をしていて、そのような家庭の状況になるときが必ず到来すると誰もが理解しています。

その結果として、職場の誰かが育児を必要とするようになったら、現場の配慮でカバーするという動きが強い職場も少なくないのです。しかし、全ての現場でそのような状況があるわけではなく、総合病院であれば診療科によって異なるということすらあります。

そのため、誰もが働きやすい環境にすることで現場にとどまってくれるよう、時短勤務の制度を確立する病院も多くなってきました。そんな時短勤務を大いに利用して、育児との両立に成功する看護師も増えてきています。一方で、助け合いの意識が強い現場では時短勤務を利用するのを躊躇してしまう看護師も多いのが実情です。

制度を利用しなくても互いに助け合ってうまく切り抜けてきている状況があるため、制度で無理に時間を決めてしまうと、その助け合いの輪を乱してしまうと感じてしまいがちになっています。しかし、それでもなお利用して確実に両立を実現する人も増えてきました。一方で、制度は利用せずに現場の協力を受けて両立に成功する人も依然として多いのが現状です。