諦めていた育児と仕事の両立を実現した方法

女性看護師にとって、ハードワークをずっと続けていくのは無理だろうから働けるうちに働こう、と考えるのはもっともなことです。結婚して出産すると育児が必要になり、仕事との両立は困難であると考えざるをえないでしょう。始めから両立を諦めて、出産したら主婦になると決めている人も少なくありません。

しかし、やはり看護師として働き続けたいという人もいるのが事実であり、またそれを可能にするための制度も充実してきました。その例として典型的なのが、転職によって仕事と育児が両立できる職場を選んで働くという方法です。仕事と育児が両立できる働き方として、制度化が進んでいるものとして時短勤務があります。

子供がいると保育園への送り迎えが必要になったり、家事の負担が大きくなったりしてしまいがちになり、通常の常勤とは同じ時間で働きづらい場合が多くなってしまいます。その点を考慮して時間を短くして働けるようにしつつ、残業を原則として行わない契約とするのが時短勤務の特徴となっています。細かな規定は病院によって異なるものの、基本的には朝は通常と同じかやや遅め、仕事の終わりは夕方の早い時間となっているのが一般的です。

残業がないのはどの病院もほぼ共通しているものであり、必要が生じた場合には他の看護師に申し送りをして良いことになっています。このような制度があることで、女性にとっては看護師の仕事をしながら育児もしっかりと行えるようになっているのです。時短勤務を採用している病院に転職すれば両立が実現できるでしょう。