時短勤務と合わせて考えたいポイントとは

育児をする女性看護師を支援して働き続けてもらうために時短勤務を制度として取り入れる病院も多くなりました。時短勤務を利用すると夕方の勤務終了時刻が早めになっていたり、残業や夜勤が免除されたりするメリットが受けられてます。その代わりに給料が低めになっているのが一般的ですが、毎日同じような時間に早めに家に帰りたい看護師にとって有用な制度として利用されるようになってきました。

しかし、時短勤務を利用してみたものの、やはり仕事と育児の両立が難しいと感じて離職してしまう看護師もいます。この場合に原因になっているものが二つあると理解しておきましょう。一つは勤務先の遠さであり、早く仕事を切り上げられても通勤に時間がかかってしまっていて両立が難しくなってしまっている場合。もう一つは、休暇の取りづらさであり、子供が急に体調を崩してしまった時に対応できないのを嘆いて離職を決断する場合です。

制度面のメリットから、転職して働き続けようとする看護師もいますが、勤務先の利便性や休暇の取りやすさが問題になってしまうことも多いと留意しておきましょう。共働きをする上で、勤務先はある程度の妥協が必要であるという考え方も持たなければ、時間が無駄になってしまいます。

制度が充実してきたため、仕事と育児の両立がしやすくなってきていますが、それだけで満足してしまわずに、より時間を有利に使えるように職場を選ぶことが大切なのです。そんな、育児をしながら働く女性看護師におすすめしたい、仕事との両立を成功させるためのポイントが多数紹介されたサイト〔ワーキングママ必見!時短勤務活用術〕があるのでぜひ一度チェックしてみてください。